androidで動作するアプリ言語|アプリ開発費が高額な理由

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新技術の小型化

スマホを触る人

iphoneは初めて登場して以降、瞬く間に全世界へ広がっていきました。そして、今では日本でのシェア率が世界1となっています。そして今なお新しい技術が実装されていて、今後の開発にも期待がおけます。iphoneが初登場したのは2007年で、あれから9年もの歳月が過ぎた今、初代iphoneと比べると数倍以上もの性能に向上していながら、サイズはほとんど変わっていません。最新技術の小型化は様々なところに使われていて、それによって技術向上とは対照的に物はどんどん小さくなり持ち運びしやすくなっているものも多くあります。iphoneにも小型化の技術によってカメラの性能が向上したり、ディスプレイの品質向上、ホームボタンが新たな指圧感知センサーが追加されてきました。

いろいろなアプリが数多く出回っている中、まだまだ新しいアプリは次々に登場し続けています。アプリは実物でないため、人のアイデア次第でいくらでも種類を増やし続けることが可能です。中にはスマートフォンの性能が直接反映されるものもあります。それはカメラアプリです。カメラアプリはレンズの変更やカメラの性能向上が大きく影響してきます。それはアプリ開発も同様で、iphoneの性能的にできるものとできないものとがあります。例えば、ゲームのアプリ開発であれば、ポリゴン数が増えれば増えるほどキャラは滑らかになりますが、その分の演算処理が複雑化してハイエンドパソコン並の処理速度が必要になってきてしまいます。そのため、搭載されているCPUで動作する限界を見極めることが必要です。アプリ開発をする場合は、単にアイデアが思い浮かぶままにつくるのではなく、リリースする端末上で動作させることができる容量であるかどうかも考える必要があるのです。アプリ開発をする際には、いくつかの端末を用意し、それぞれの端末で動作するのかを確認することも必要です。端末によって搭載されている機能に違いがあり、アプリ上で動作させる機能がどの端末に実装されているかを把握しておくことが必要となるのです。